08/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

スリランカ最終日 

ひとまず、今日でスリランカ滞在最後の日となった。

最後くらいは贅沢に行こうと、スレイブアイランドのビーチ沿いの
レストランでスリランカ料理のビュッフェをいただく。計825RP。


スリランカ~チェンナイ 021



カレーだけで7種類くらいあり、
中にはニンニクカレーなる具がひたすらニンニクというものもあって驚いた!初体験。

バスマティライスが無かったのが残念だけど、代わりにフライドライスを
選び、チキンカレー、ナスのカレー、ダルカレー、ジャックフルーツのカレー、
蟹カレー、空芯菜の炒め物、などとともに味わった。

デザートのカード(ヨーグルト)とハチミツも最高だった!


昼食後、図々しくも今日も昨日と同じマンションに泊めていただくことに。

夜はスリランカの方も混じって、2日連続のアルコール三昧!
贅沢この上ありません。

スリランカ~チェンナイ 022



最後の最後まで、スリランカも楽しく過ごせたなぁ。
いろんな人に、ありがとうございます。
いよいよ明日から旅も本番、楽しみつつ頑張ろうと思います。


テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: スリランカ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

カレーはお休み。 

この日は、スリランカに来て初めてカレーを食べなかった!

記録が途絶えたのは残念?だけど、たまには気分転換もいいもの。
コルピティヤでラザニアや中華料理を食べた。

日本人、スリランカ人交じっての食事だったので、なんだか不思議な感じ。
アルコールも飲んだ。

こちらのLion Beerは味がしっかりしていて最高。
久しぶりのアルコールで、酔うのが早かったなぁ・・・。

それとこの日はとてもラッキーなことに、日本の方が滞在している
豪華な高層マンションに泊まることに。とても感謝です。

カレー食べてないからただの日記になってるけど、まぁいっか。
明日でスリランカは最後!まったりするか、がっつり観光するか・・・

いや、まったりカレーの方向で。

カテゴリ: スリランカ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コットゥ(Kottu) 

朝起きてから、近くの旅行代理店で
インドのチェンナイ行き片道航空券を購入。

エアインディアエクスプレスで、6800RPとけっこう安い!

それからフォート地区からバスで30分
マウントラヴィニア(Mt.Lavinia)へ移動。

ここは数年前の地震で発生した津波で甚大な被害を受けた場所とのこと。

今はその面影もほとんど無く、海沿いの高級リゾート地に進化を遂げつつある。

とりあえず、宿を探してみるもなかなかお手ごろなところが見つからない。

歩き回って1時間くらいして、990RPのRed Lobster Hotel 
という良くわからないネーミングの宿に決めた。
そして食事のメニューにロブスターは無かった。

なんだかがっかりしたので、近くのメインロード沿いの
レストランで、昼ご飯にした。

これまでに何度も食べた、スリランカ定食。
ビーフカレー、ダルカレー、インゲンのカレー、
かぼちゃのカレー、マッルン。

やっぱりスリランカのお米に飽きてきたらしく、
無感動にたいらげた。しつこいようだが100RP多く
払ってもいいからバスマティをくれ・・・

夕食は昼と同じレストランで、エッグ・コットゥ(Kottu)を食べる。

スリランカ~チェンナイ 017


これはパロタ(小麦粉で練って薄く延ばしたもの)を小さく切って、
ネギ、ニンジンなどと共に炒めた料理。

なんせ元が小麦粉のものが主でさらにけっこうな量だったので、
重い料理です。味は形容しがたく、薄味のソースやきそば?みたい。

十代の頃ならバクバク行けたかもしれないなぁ。年とったなぁ・・・
コットゥを調理している時の風景は、ちょっと変わってて見てて面白い。

お好み焼きを焼くときの様な鉄板の上で、
両手に中華包丁の様な形の四角い返しを持って、
金属音を立てながら材料を切ったり混ぜてひっくり返したり。

遠くまで音が聞こえるので、外からでも、あ、コットゥやってるなぁとすぐわかる。


そういえばこれ食べれるのって、東京ではほとんどないと思う。
新宿とかにあるコートロッジくらいかなぁ。

無いのは知られていないだけじゃなく、需要が無いからか・・・

帰りにスーパーでもの珍しさからレッドバナナを購入。ほんとにうっすらと赤い!
まだ熟していなくて、えらい硬くて生では食べれたものじゃなかった。

もう一本買ったので、熟すまでしばらく寝かせてみよっと。バナナの知識がひとつ増えた。
っていうかこれは常識だろう、どう考えても・・・。

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: スリランカ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

南インドミールス 

飲んだ次の日なのに、朝3時半に起床。

どうやら彼の目的は5時にコロンボで
始まる宗教の催しみたい。

熱心な仏教徒ですな・・・。

とりあえず付いていく他無いので、車に乗り込みコロンボのコルピティヤまで
移動。

なんだか厳格な感じでTシャツ半パンではまず入場は無理っぽいので、
車で寝て待つことに。車中の蚊や暑さと戦いながら、9時まで粘り漸く
終わったらしく合流。

会場を覗くと、男はスーツ、女はサリーで正装した
育ちの良さげな方々でごった返しでいて
詳しく聞いてみるとスリランカ仏教じゃなく日本の日蓮宗の集いとのこと。

無宗教が多い日本のものが海外で受け入れられているのにはとても驚いた。


用事も済み、近くにある南インド料理店でべジミールスを頂く。

スリランカ~チェンナイ 013


オーソドックスなサンバル、ラッサム、などなど。
美味しかったけど、欲を言えばスリランカ米ではなくバスマティで食べたかった・・・


その後コロンボのフォート地区で別れ、YMCAに泊まることに。
この辺はYMCAしか安宿が無く、旅行者をあまり見かけない。

特にこの日は日曜だったので、フォート地区はゴーストタウンの
如く閑散としていた。銃を持った警官がたくさんうろついているし
なかなか穏やかじゃない雰囲気だなぁ。
明日はちょっと賑やかな方へ移動しよう・・・

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: スリランカ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

スリランカ人宅でご飯3 

1週間程滞在したキャンディを後にし、バスで2時間程、

その北西に位置するクルネガラヤ(KURUNEGARA)に行った。

ここも結構都会のようで、中心は栄えている。
キャンディくらいの規模かもしれない。


お昼は知り合いのスリランカ人が居候しているお宅でご馳走して貰うことに。


スリランカ~チェンナイ 006



定番のスリランカ定食で、ダルカレーやベジタブルカレーにスリランカ米。
バナナを揚げたものには、塩コショウで味付けしてあった。。

スリランカの家庭の味も、問答無用に塩気が強く感じる。
だいぶ慣れてきたけど、続けて食べるとどうも体がおかしくなる・・・
こんなんでインド大丈夫かな。

因みにここのお家はとても広く、植民地時代にイギリス人が住んでいた土地を
引き継いだものとのこと。
雰囲気が開放的でいい感じだ。

お母さんと娘さんが応対してくれたが、二人とも気取らないけど
セレブのオーラが出ていた。

こっちの裕福な家の子供は、けっこうな割合で
インターナショナルスクールに通っていて英語がネイティブみたいに上手だ。

お人形のような11歳の娘さんは、子役でテレビに出ているのだそう。
その為か知らない人に慣れているらしく、積極的に話しかけて来た。

この年にして、絶対に僕よりしっかりしてる笑

食事もひと段落して、その人の車でコロンボまで移動した。

明日コロンボで用事があるとのこと、てっきりどこかのホテルに
泊まるのだと思ってたけど

何故かコロンボはずれの森の中をひた走って、その人の友達の家に到着。

入るとなんだか家族ぐるみで歓迎されて頭の中が???になったが、
どうやら今日はここに泊まることになりそう。

そして夕食は、近くの友達の家でホームパーティがあるとのこと、
なんだかわからずそれに参加することに。

おつまみは、奥さんお手製の鶏のから揚げ、ココナッツオイルで揚げた湖の魚、ゆで野菜。
お酒はカールスバーグ、スミノフ。みんなお酒強い・・・

んで、後から料理が来て、チキンカレー、ダルカレー、ポークカレーなどなど
盛りだくさん。

スリランカ~チェンナイ 011


5人のスリランカ男に囲まれ、最初はなんだか僕だけ浮いている状況だったけど
お酒がはいればなんだかんだで、打ち解けて楽しい時間を過ごせた。
下ネタは国境を越えるんだなぁ・・・。

ちなみにみんな日本に行ったことがあり、5人のうち4人は日本語ベラベラです笑

その時の写真を見せてもらうと、ディズニーランドと茨城の牛久大仏ばっかり・・・。
茨城はスリランカ人にとって凄く有名みたい。

12時頃にお開きとなり、友人宅へ戻ってすぐ眠りに着いた。

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: スリランカ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。