09/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

ヤクニー 

ジャンムー6日目。

今日もマトン。

リスタ RISTA

jammu2 007



リスタはマトンのコフタが入ったカレー。
グレイビーはローガンジョシュのようなカシュミールっぽい濃い味。


ヤクニー YAKHNEE

jammu2 008


ヤクニーはマトンをヨーグルトベースのグレイビーで煮込んだカレー。
マイルドだけどマトンの旨みが感じられて美味しい。

ダムアルーカシュミーリ DUM ALOO

jammu2 009



ジャガイモのカレー。グレイビーはやはりカシュミール風の
濃い味付け。
この地域のカレーは全体的に塩気が強い。

それにしても一週間前までリシュケシュではお肉を食べられなかったのに
地域が変わるだけでノンベジが当たり前になるなんて
インドの多様性には脱帽するばかり。

ただ、シク教徒でもベジタリアンは結構多いので
みんながお肉ばっかり食べている訳ではない。
食べる人も週に何度かだけだし。

そして、シクはムスリム方式のハラルのお肉は
処理の仕方が長時間で残酷なので滅多に口にしないらしい。
ハラルに対してジャトカ(JHATKA)のお肉は
スパっと処理されたものでこれらが彼らの食べる肉。

結果的に肉を口にするのは変わらないけど
でも確かに気持ちはわかる。
特に気が弱そうなヤギを見てしまうと
正直食べないのが一番なのだろうと思ってしまうが
食料になるからには宗教よりも動物への配慮を
優先しなきゃいけないのでは、と無宗教の自分は勝手に
考える。
まぁこんなノンベジ無宗教の意見は彼らにとって説得力に欠けるだろうな・・・。

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: 北インド

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/139-b5ceedb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。