07/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

プーパッポンカリー 

裏カオサンのウートンというレストランで
プーパッポンカリー 200B。

bangkok 003



これはいわゆる渡り蟹のカレーのこと。
ここのお店のものはグレイビーが少なかったが
甘みが効いているんだけどコク深い、なんともタイらしい味だった。

深みの作り方が材料がインドとは全然違うので
勿論味もかけ離れている、別の美味しさ。


材料を調べてみると・・・
蟹、タマネギ、セロリ、ピーマン、チリ、(ニンニク)、ハーブ類、卵、
ナムプリックパオ、ナンプラー、オイスターソース、(シーイウカオ)、
カレーペースト、ココナッツミルク、塩、砂糖あたり。

このカレーがコク深い訳は
タイの万能調味料的なナムプリックパオが使われていることか。

これも調べてみると・・・
ピッキーヌ、ニンニク、オニオン、カピ、
砂糖、塩、シーユーカーオ、ナンプラー、タマリンド
などの材料を混ぜ、油で揚げてペーストにした旨味調味料 とのこと。

この材料を見るだけで、そりゃあ美味しくなるだろうなぁと。

タイの炒め物もオイスターソースとこれを使うことが多いみたい。
万能調味料的な存在なのだろう。




テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: タイ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/174-eae6c20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。