05/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

サブジ、チャパティ 


ミャンマーもそうだけど、東南アジアを周っていると
否が応でも宗教を感じさせられる機会が多い。


こちらの仏教は上座部仏教が主流、
出家して神に仕えてお釈迦様に祈ること、善行をするのは結局は自分のため。

極論かもしれないが
時に、最終的に自分に良い結果がかえってくるから善い人であり続ける、
という自分本位な姿勢として捉えられないでもない。

勿論人それぞれのスタンスは様々なので、一概には言えないし、
だから何なのって話にもなる。

その反面、中には大乗仏教の流派に従うミャンマー人もいることは事実で、
偉大な人ともなると自分を犠牲にし、他人のために祈る人もいる。
不平等、貧富の差のせいで自分が満たされていないのだろうにもかかわらず。


しかしそんな負の要因は彼らにとって考え古された、貴重な時間を使って
考えるまでも無い些細なことなのかもしれない。

こちらの人は輪廻転生を当たり前のように信じ
善行を重ねて涅槃(ねはん、天国の様な場所でここに達すると生まれ変わらなくなる)に
入るのが最終的な目的。

自己犠牲のもと他人のために尽力するのは
言葉では言い表せない程に美しい行為だと思う。

無償の施しなんて、余程の余裕がないと行うことは難しいと思う。
自分なんて面倒くさい感覚に常に支配されている人間なので
そのようなことを平然と行っているのを見ると感服してしまう。


まぁともかく、どんな宗教のあり方も人々の考え方も、
良い面、悪い面の二面性があっていろんな捉え方ができるので
否定する必要は無いし、というか安易にしてはいけないこと。


現時点のところ無宗教の自分にとってはすがるものはただ
自分の未完成な哲学まがいな考えしかない。
それもちょっと寂しく感じるが。


時にすがるものがあるっていうのはある意味羨ましくも感じるが
今はなんとかなっているので必ずしも必要という訳ではないらしい。

どちらを選択するにしても、二面性はずっと付きまとうので
何が良いとか悪いとか考えるのは意味を為さず、
結論として、自然の流れに従い、なるようになれ、どうでもいいじゃんとなる。
そんな感じでこれからもダラダラと生きていくんだろうなぁ。


そういえば食べ物ブログだったことを思い出したので
今日食べたもの。

→サブジ、チャパティ


P4100132.jpg



可も無く不可もなく!
駆け足でしたが以上でした。

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: ミャンマー

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/192-61c69a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。