07/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

カオソーイ 

かなりひさしぶりの更新で申し訳ないです。

タイの後、ラオスを北上し何気なく中国へ入ったが最後
なぜかブログ含め、いろいろなサイトへのアクセスが規制されており
何も更新できずでした。

しばらくカレーとは離れた日々を送っていましたが・・・
それでも中華料理の技にはただただ驚くばかりです。
中国の湯(スープ)の食文化はカレーづくりにも結び付けられるので
行って良かったかも。まぁほとんど観光してただけだけど。

それで今日香港に到着、これからの予定は中国が長引いた関係で
かなりはしょります・・・

このあと、 バンコク → マレーシア → シンガポール で、とりあえず帰宅。

バングラ、東インド、パキスタンは次回にお預けということにします。

インドも食関連で周るべき街はまだまだいくらでもあるし
今回の旅はただオーソドックスな部分を垣間見ただけのような気がしてきたが、
それでも今は充実感を得ているし、先ずは学んだことを丁寧に実践していき
自分のものにしないと。

次回はコルカタ、シュリナガル、ラクナウ、アンドラとかへ行こうと思うが
果たしていつになることやら。

何故か不思議と郷愁を誘う南インドへももう一度行きたいと思っていた矢先、
チェンナイの先生からメールが届いた。
それには別れ際にお願いしていたとあるレシピが添付されていた。

どんだけひっぱってんだよ!
半年以上経っても平然と送ってくるところがさすがはインド。
この感覚は忘れかけていた。
ファイル内容が立派だったのでまぁ許す。

でも直接会うと絶対にイラつくので、メル友として付き合っていこう。


話をタイの日記に戻します。



あー、ミャンマーもうちょっと居たかったなぁ
ってことでバンコクへの帰路に就く。

バンコクに戻って来たものの、以前よりも
赤シャツ隊と政府軍との衝突は激しさが増しており
なかなか穏やかじゃない雰囲気。
宿のほど近く、衝突が実際にあった場所では壁に銃弾後があって生々しい。

治安も心配だが、
カオサンにいても屋台でタイ飯食べたりシェイクを飲むことくらいしか
やることがなくなってきたので早速移動することに。

ということでタイ第二の都市、チェンマイへ。


thai 003



バンコクから夜行バスで約12時間と少し長めだが
ミャンマーとは比べ物にならないほど快適な車内と
道路だったので、苦にはならなかった。
途中の休憩では日本のコンビニ仕様の肉まん売ってるし。ふつうに食べた。

タイにいると時々日本との区別がつかなくなることがあり
なんだかまだ旅をしている感じではない。

チェンマイに到着、ここは外国人の長期滞在者が多いと聞くが
その通り過ごしやすそうな街だった。
開放的なレストランがたくさん軒を連ねており
欧米人が昼間からビールを傍らに置いて談笑している。

しかしミャンマー帰りの自分としては、バンコクほどではない
にしても都会過ぎる感があり・・・
欧米人向けのカフェが並ぶ風景が、何故だか肌に合わない。
嫌いではないんだけど、来るタイミングが悪かったのかもしれない。

チャンマイに来た目的のひとつは名物のカオソーイを食べること。
これは要はタイカレーラーメンのこと。


thai 001



カオソーイはココナッツの効いたレッドカレーベースの
スープと、生パスタのような平べったいたまご麺と
上から油で揚げた麺を飾った、なかなか凝った一品。
必要におうじて、ライムを搾って頂く。

見た目は結構お洒落で、なんだか創作風を謳うラーメン屋にありそう。

今回のものは骨付きチキンが入っていた。
良く煮込まれていてスプーンですぐにほぐれる。
これで25B(約75円)はありえない。
この価格帯が実現できるノウハウを教えてもらいたい・・・。

麺を食べ終わってもスープが余ったら、
ご飯を入れて雑炊の様にするのも楽しい。


ここのお米はカオサン屋台で提供される様なパサパサなタイ米ではなく
もっちりとしてつやのあるとても美味しいものだった。
そのほか、竹筒で提供されるカオニャオというもち米も合う。

チェンマイはバンコクよりもけっこう物価が安く
カオマンガイ(海南鶏飯のタイ版?)が20Bで食べれたりして
とても驚いた。ライチシェイク20Bにも感涙。


テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: タイ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/195-6506c507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。