07/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

カオソーイ 

チェンマイには、タイ料理の教室がたくさんあり、
その数なんと20以上。

どこもパンフレットは似たような感じで、値段もまちまち。
バンコクや日本で受けるよりも授業料は安くあがるし、
せっかくだから受けてみた。


選んだのはBaan Thaiという料理教室。

http://www.cookinthai.com/


ここは老舗で一定の人気があり、普段は900Bだが
今回はプロモーションで800Bで受けられるとのことなので選択。
それでもタイの物価にしてはかなり高い気が。

500B程度なら、もっと盛況になる気がするが。


肝心の内容は、20種類程度のメニューから、
カテゴリー毎に、6品好きな料理を選ぶことができる。
参加した日の生徒さんは計10人くらい、
イスラエル人、イギリス人が殆どだった。
タイ料理って意外に欧米人にも人気があるらしい。


自分が選択したメニューは、

レッドカレーペースト
カオソーイ
クンパッポンカリー
トムヤムクン
トードマンプラー
チェストナッツのデザート


とりあえずみんなで市場へ買出し。

thai 029



カオソーイ



thai 047


カレーラーメン。

たまご麺はさすがに市販のものを使用したが
レッドカレーペーストは一からモルタルですりつぶして作った。
それがかなりの重労働。伝統を守る主婦は偉大だ。

クラスでは、辛さの苦手な外国人向けのために
生ではなくドライのプリックヤク(Phrik Yuak)という
大きくてあまり辛くないタイプのものを使用。

今さら知ったことなのだが
唐辛子は大きいのは辛さはあまりなく小さいほど辛いとのこと。


大きいのが、プリックヤク(Phrik Yuak) これはインドで言うカシュミーリチリ?よくわからない。
中くらいが、プリックチーファー(Phrik Chee Fah)S&Bの市販のやつくらいのサイズ。
小さいのが、プリッキーヌ(Phrik Ki Noo)タイの定番とうがらし。辛すぎ。



レッドカレーペーストの材料はこちらならではのものが揃い、
チリ、シャロット、ニンニク、ショウガ、カー(ガランガル。タイのショウガ)、
クラチャイ(レッサージンジャー。タイのショウガ2)、
レモングラス、ライムリーフ、コリアンダー、ターメリック、カピ(エビミソ)。

ショウガを三種類も使うのにはとても驚いた。
それにしても昔の人はよくこの配合を思いついたものだ。

これとともにナンプラー、砂糖、ココナッツミルクと煮立てて
スープは完成。
たまご麺は茹でたものと揚げたものを用意しておき、それをスープと
合わせて出来上がり。

カレーペーストやスープの出汁や粘度など、工夫次第では
自分だけのカオソーイが作れそう。

そういえばマネーの虎という昔やってた番組の企画で
カオソーイの屋台村で起業した人がいたらしい。
確かにこれは麺といいスープといい、
全てが日本人にはドンピシャな味なので成功しているのも素直に頷ける。


珍しく長くなりそうなので次回に続きます。


テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: タイ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/197-78baec14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。