09/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

フィッシュヘッドカレー 

ペナンから夜行バスで10時間ほど、シンガポールへ。

いよいよこの旅最後の国になってしまった。
振りかえると結構早かったなあと。
8ヶ月以上も無職で海外放浪していい身分だったなあと。



とりあえず総仕上げ的に?シンガポール名物を食べておく。

名物とはフィッシュヘッドカレーのことなのだが
リトルインディアに、特にRace Course Rd沿いに
何軒も出しているお店があるのでどこにするかとても悩んだ。
有名どころはバナナリーフアポロ、あとムツーズ。
お客の入りで判断するしかないかなと思いちょっと張り込んでみた。

バナナリーフは地元民というより観光客が多く、
ムツズは雰囲気が落ちつかなそうなのとお客も比較的少なめ。


そんな中GAYATRIというお店は地元民と観光客
バランス取れていて、人気そうだし、ここに決めた。




フィッシュヘッドカレー
マイソールマトン



24062010102.jpg




フィッシュヘッドカレーははじめてだったのだが
とりあえず、鍋デカすぎ。
3人前くらいはあるのでは。

これを日本で1人で食べてたら相当浮くだろう。
幸いここはシンガポールでインド系ばかりだったので
あまり気にされないで済んだが。

味は、普通においしい、南インドのフィッシュカレー。
タミル系インド移民が持ち込んだということらしいけど、
タマリンドの酸味が効いていた。

使用パウダースパイスもターメリック、レッドチリくらいだと踏んでいるがどうだろう。


魚の頭はAngoliという魚を使っているとのこと。
フィッシュヘッドと言いつつも上半身20cmくらいあって
身もたくさんあるので食べ応えは十分。

みんなで集まって食べる分にはいいカレーだ。




24062010099.jpg




マイソールマトンは
細かく切ったマトンの肉を
ホールのレッドチリ、ブラックペッパー、カルダモン、スターアニスなどと
炒め合わせたドライのものだった。
それほど辛くない。ケララのビーフフライみたいでおつまみには最適かな。
マイソール懐かしいなあ。でっかい城があったくらいしか記憶にないけど・・・。





24062010101.jpg






その他、
ここは器としてバナナリーフを使用してくれて
その上にごはん、ナスのアチャール(漬物)、クットゥ(豆野菜煮込み)が盛られる。



ここのクットゥはかなり美味しい。アチャールもいい線いってる。



個人的にはフィッシュヘッドカレーなんて仰々しいものは頼まずに、
米とクットゥかトーレンとあと欲を言えば酸っぱ過ぎないペッパーの効いたラッサムさえあればそれで全然いい。サンバルもマストではないなぁ。

なんだかもう年を感じてきて悲しくなってしまった・・・。



テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: シンガポール

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/214-14c1ed52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。