05/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

日本にて。 

というわけで日本です。

これを書いている時点で帰国して既に2週間程度経っていますが、
まぁ何と言うか海外8か月間、思ったより短かったなーと。
インドに関しては、もう少し地域を絞って滞在したかったなあ。
まー全然また行くし、今回は全体像だけでもかいま見れて良かったなぁと。



で、突然ですがカレー屋さんについての話。

そういうわけで、これからカレー屋さんをやろうと思う訳ですけれども、
最近は特にそれについて考えまくっているのですが、
自分の中で方向性は決まってるはずなんだけど、
なんだかモヤッとした部分もありまして。


で、この場を借りて独りよがりに整理してみると・・・
カレーと言っても本当にいろいろな選択肢があるわけで。


ざっくり言えば、
北インド料理店、南インド料理店、ネパール料理店、スリランカ料理店、
タイ系の東南アジア料理店、カフェ系(喫茶店系)カレー店、スープカレー店、
欧風カレー店、あとはファーストフード系カレー店・・・
くらいが認知度があって成り立ちやすいジャンルでしょうか。
ミャンマー料理店は高田馬場にお任せするとして・・・。


で、第一に
南インド出す店、かなり増えてますよね、東京で。


サンバル、ラッサム、ポリヤルはじめ料理がヘルシー志向で日本向けだから
これからもっと増えていくのは間違いないし、
もっとインドの州というか地域ごとの特化した専門店も出来てくるんだろうなと
個人的には思うし、もちろんそれは東京以外にもどんどん浸透していくと思う。

千葉の実家近くにも日本人オーナーのおいしい南インド料理屋さんがあるし。



個人的に、普段どのカレーが食べたいかって問いには
絶対に南なんです。
カレーを頻繁に食べる人の多くはどうしても軽めな方向に行きたいと思うし。

で、拡大傾向なこの流れに乗るのもひとつの考えとは思うのですが、
考えた上でひっかかっているのが、
ごちそう度が北と比べると低い、ということ。
個人的にレストランに行く場合って、家庭では味わえないものを
食べたいという欲求があることが多いと思ってて。
で、南インドの場合は、お店の味と家庭の味が、北ほど差がないというか。


まぁ家庭にホール、パウダースパイス十数種類を揃えてまで
インド料理を作っている人がどれだけいるかわからないけど・・・
でも南インド料理屋に行く人って、結構自分でも作ってる人が多い気がして、
ほとんどの人が北インド料理を経験してから入るから
インドの味をある程度把握してるんですよね。
食べログとか見たらほんと良くわかる。



要は自分が南インドをやった場合、力不足ながら
レストランとしてのスペシャリティが今のところ見つからないのかなと。
ミールス出すならとことんバリエーションを揃えてこそ
あの食べた後の満足感が得られるのだと思うし、それを実現しようとすると
なんだかそれだけに終始してしまいそうで。


だから、南インド料理はメインには出来ないという結論になり、
万が一やるとしても週替わりメニューとかで、ほんとたまにかなと。


で、そのごちそう度が高い、最もお店と家の味の差が
出る(と勝手に思っている)北インド料理について。



本来なら、というかスペシャリティを追及すると
北インドでも地域を限定して、自分はカシュミール料理なんです。

日本には北インドと名乗るパンジャーブ、カシュミールベースのお店がとても多いけど
その専門店っていうとあまり印象に無いんですよね。
ローガンジョシュは置いているとして、リスタとかヤクニーとか本当のバターナンとか
置いてる店は日本にはきっと極めて少ないだろうから。


自分なんか日本を出る前なんて、
カシミールのカレー=湯島のデリーのカレー?っていう不思議なイメージがついてたし。
デリーのカシミールカレー、自分含め日本人にとってはドンピシャに美味しいもんなー、

でも、同時に一方で、オリジナルを提供するお店もあっていいと思うんだよなあ。
そういう拘りもひとつの手かなーと。



もしくは、北インド料理店全般ということにするなら、
オーソドックスなカレー、マサラ、コルマ、サーグ、バタークリーム系を置き
さらに珍しい地域のメニューを数点置いてみるという感じか。

無難な感じだけど、いまのところこういうのが一番かなーと思っています。
でもサーグ、コルマは他店と比べて味的に個性が少ないので省いてもいいかな。
マニアックすぎてとっつきにくいのも良くないかなあと思ってます。

それと、南インドのチキンカレーとかだったら同じ仕込みで行けるので
併せて置けそう、とかいろいろメニュー数は増やせるかな。
増やしすぎない様に厳選する必要はあると思うけど。


それともうひとつ、当初考えていた喫茶店系カレーについて。
北インドカレーとの併用を考えていたのですがかなり厳しいなあと。

喫茶店系だと、インドよりもカレーベース作るのに相当手間がかかって、
まず鶏がら、トンコツでストックを取ったり、
カレーベースもコクを出すためにたくさんの野菜を使ったり。
使う材料がだいぶ増えてくる。
しかも今のところ、自分がこういうカレーを作ると
どうしても中村屋っぽくなってしまって話にならないという。
中村屋、とても美味しいし否定する訳ではありませんが、
そういうカレーが街中でありふれているという点がなんだかなーと思ってて。
喫茶店系カレーは、数々の研究の末、個性を加えて突き詰めた結果が
僕が愛してやまないエチオピアのカレーとかになるわけで。
そういうレベルに達するには全然まだな現状で、試行錯誤の時間がかなりかかるなと。



いずれにしても、カレーをやるならどれかに特化しなければならないなと。




で、話は戻って北インド料理について。


最大の問題点は、タンドール。
置くべきかどうしようかってことなのですが
タンドーリチキンは普通すぎるので置かない予定だけど、
タンドール料理で絶対なのはナン、あとはやってティッカ系と、ビリヤニくらい。

これらはオーブンでも全然出来るけど、ナンだったら匂いだったり焼き上がりが
どうしても違ってくるから本格的に行くなら必要ということになるけど、
ここまで行くと、一人ではお店がまわらない規模の話になってきますね・・・。

この辺はいかにオーブンで美味しいナンを焼くかっていうことに
かかってくるかと。
お店でカレーは美味しくても、がっかりナンには出会いたくないもんなあ。


なので今のところ、結論は北インド料理!です。





で、話が相当飛んで・・・・

予定してた、借りられるはずの格安物件がダメになってしまい。。
他の店舗では開業資金が足りないので、来月からオーストラリアへ
出稼ぎにいってこようかという現状です。

やるべき時、話はとんとん拍子で進むと思ってるんですが、
今回は出鼻挫かれて、これはまだやるなということかなーと理解しました。

カレー屋さん人生が長くなりそうなので、こういう事態もありかなと。
でもお店用に買った大量のスパイスどうしよう笑
できるだけ向こうに持って行って料理作らないとなあ。

ブログは、向こうで料理が作れれば更新しようかと思います。

でことで、ひとまずは、
今まで見てくれた人、どうもありがとうございました。
またの機会に!

カテゴリ: あとがき

comment (1) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

本物

いやー恐れ入りました。
超マニアックじゃないっすか!

私たちにはほとんどちんぷんかんぷんだったけど
カレーにかける情熱はすごーく伝わってきました。

急がば回れで、そのうちきっとまた道は開けると思います。
オーストラリアでの更新楽しみにしてます!


【2010/07/20 04:26】
URL | ゆめどりむし #- [編集]

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/219-f7df5f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。