07/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

スリランカの紅茶について 

スリランカといえば紅茶を思い浮かべる人が多いかもしれません。


代表的な産地は、ウパ、ディンブラ、ヌワラエリヤ、キャンディ、ルフナ
辺りで、特にウパは、世界三大紅茶産地のひとつと言われています。(らしい)


茶葉が採れた標高により、ハイグロウン、ミドルグロウン、ローグロウン
に分けられ、風味はハイ→軽く飲みやすい、ミドル→中間、ロー→強くてくせがある
と、一概には言えないらしいですが味が異なります。(らしい)


紅茶のグレードについては、茶葉の大きさで分けられ、それぞれ

O.P (オレンジ・ペコー)
→大きい。

B.O.P(ブロークン・オレンジ・ペコー)
→小さめ

B.O.P.F(ブロークン・オレンジ・ペコー・ファイニングス)
→B.O.Pよりさらに小さい

F.B.O.P(フラワリー・ブロークン・オレンジ・ペコー)
→B.O.Pに白い茶葉が混ざってる。(シルバーチップ?)

B.O.P Dust1(ダストで一番高品質)→細かい粉。チャイやティーバッグ用。

B.O.P Dust2(ダストで品質いまいち、安い)→ブレンド用

素人なのでこのくらいにして、
その他ゴールデンチップ、シルバーチップなどの希少品種など
とにかくたくさん種類があります。.


こちらでは紅茶を扱うオークションが首都コロンボで開かれ
国内、海外を含めたディーラーが買い付けに来ているようです。
この時は1kgあたり、B.O.P.F が520RP、B.O.P Dust1が
480RP程度でした。


街で見かける卸売店では、僕が周った限りB.O.Pで大体600RP
が相場みたいです。でも日本に持ってくるとなると運送費やら
関税やらやらで費用がめちゃくちゃ乗っかります。


僕が話したディーラーは、どの産地のものでも一定価格で取引
するとのことでしたが、同じ産地でも茶園によって品質に大きな差が
あるだろうし値段も少なからずは違うだろうと思い様子を見ました。


その前に日本へ送る際の最小LOTが50kgとのこと、
50gだと1000セット!最初の段階でどうやって
そんなに消費するんだって話になってきます。

知識は無いわ味もわからないわでは話にならないので
まずは勉強しなければ・・・近いうちに調べてなければ。

スパイスの方はルートを整理しないと・・・
試行錯誤が必要のようです。
スリランカ人のパートナーが信頼できる人でありますように!


テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: スリランカ

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/24-5287d344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。