09/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

Chor Bizzare/デリー 

カシュミール料理で有名な
Chor Bizzare に行きました。



情報↓
Delhi  
Hotel Broadway, 4/15A,
Asaf Ali Road,
(Near Delhi Gate)
New Delhi - 110 002
T: 91 11 4366 3600



ロンドンにも支店アリ!

店内は僕以外、ほぼ欧米からのツアー客のみ。





今回は空腹に負けてしまいブッフェにしてしまいました。



100_1092.jpg




もちろん単品でも頼めます。

行った日のブッフェのカレーはオーソドックスなものが多く
カシュミールっぽさがさほど無かったので、せっかくなら単品をおすすめします。




カレーはノンヴェジが二種類


バターチキン Butter chicken

マトンナハリ Nahari gosht



ヴェジが四種類

アルーゴビ aloo gobi

ダムアルー Dum aloo kashmiri

カダイパニール Kadhai paneer

ダール Black lentil Daar


それとプラオ、バターナンをオーダー。


100_1093.jpg




バターナーンはちゃんと層になっています。
ジャンムーで食べたのと一緒!


副菜も充実しています。
パニプリセットあり。


100_1099.jpg




バターチキンは高級レストランのスタンダードで
オーソドックスなものでした。

インドのバターチキンは日本のものと比べると
フレッシュトマトを使っているので酸味があり、
日本のものとは違い甘みよりも塩気の方が感じられます。


マトンカレーはラクナウのTajのものとかなり近い。
トマトが無いタイプでした。


ここのブッフェで一番好きだったのはカダイパニールでした。

ピーマンが入ることによって食べなれてしまったトマトグレイビーに
変化が出て良いです。
ジンジャージュリアンのおかげで風味、触感が良くなります。


ダムアルーはじゃがいもの中にパニール、KHOYAで出来た詰め物が入っていて
美味しかったです。


予算はブッフェ+ドリンクで800RP程度です。



100_1105.jpg


お会計の箱がおしゃれです。



次回で北インドは最後です!

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: 北インド

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/248-6e7a6ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。