07/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

VARQ/タージマハルホテル デリー 


デリー最後です。

せっかくなので奮発して
タージマハルホテルのVARQへ来ました。




情報↓

VARQ AT TAJ MAHAL HOTEL

場所は調べるまでも無く
取り合えずリキシャーに乗ってしまいましょう。
リキシャーの代金など食事代に比べたら微々たるものです...泣





スターターはミントチャツネにスナック的なものが
浮いたもの。 



100_1145.jpg




このミントチャツネすげぇ… 
クリーミーでなめらかすぎます。

ミントのクセ全くなし。


そしてスターター用の皿大きすぎ!

なのに小さなスプーンに盛り付けてくるという
すさまじい贅沢さ。



これは期待できます。



そしてレストランの雰囲気が素晴らしすぎます。

しっかしインドでこれほど緊張するなんて
思っても見なかった…

周りがセレブそうな方ばかり。

僕みたいなパハールガンジの一泊200RP(約300円…)の
ドミ部屋に泊まっている人が
行くべきところではありませんでしたw

でもこういうことを恥じることなくできるのは日本人の特権ですかね…





メティパラタ Methi Pratha



100_1150.jpg





ドライメティが入った折込みのあるパラタ。小麦粉。
形が小さめでかわいらしいですが、
味のほうは普通です。




アルーカサラン Aloo ka salan



100_1149.jpg



サランはハイデラバードの
ピーナッツ、ゴマ、ココナッツ、タマリンドなどで出来た
一風変わったカレー。

味は乱暴にいうとナッツ系の香ばしさ+ココナッツ味。

マイルドで甘めですが、そこまでくどくありません。

タージ系のホテルはサラングレイビーが好きな気がします。
ラクナウでも見かけました。


ミルチカサランが有名でこれは唐辛子を使いますが
それだけはなくていろんな具をいれていいんだなぁと
勉強になりました。


これも食べる価値あり。素直に美味しいです。


ビリヤニの付け合せににもいいですね、

ライタの代わりに。
ライタが嫌いな日本人は少なからずいるでしょうし。

僕はライタは基本好きですが
大きめのキュウリが入ってしまうとちょっとアウトです…





ムルグシルカピヤザ Murgh sirka pyaaz



100_1147.jpg



なんだか盛り付けが小高い!



チキンティッカとオニオンピクルス(シャロット)を
リッチなトマトグレイビーで合わせた
新感覚なセミドライのカレー。


よくこんな材料の組み合わせが思いつきますね…

クリームが若干入っていて濃厚です。


そういえばインド人はグレイビーの無い、もしくは少ない
このようなドライめのカレーを好む人が多いですね。

日本とは逆ですね。



このカレーは美味しかったですが、
グレイビーは汎用的な感じ(チキンティッカマサラっぽい)
ので
もし行かれるなら別のカレーをオーダーしてもいいのではと思いました。





ベイガンカッタピアザ Baign Khatta pyaaz


100_1148.jpg


トマトオニオングレイビーにタマリンドが効いた
なすのカレー。
マサラをもうちょっと炒めたほうがいいかも。
ここは恐らくは注文入ってからマサラから作り始めるのかもしれません。


それはそれでフレッシュでいいのですが
調理時間が足りずに
コクという点では深みが少なくなってしまって
長所短所がある…かな。







総合的に、コスパは抜きで考えると
行く価値はもちろんありです。
雰囲気もサービスも素晴らしすぎますし。



いずれにしても、ここはインド料理の最先端。


メニューにとてもオリジナリティがあって

レシピ本に載ってない様な食材の使い方があって
とても斬新です。

もちろん宿泊していなくても
レストランは行けるので、気軽な感じで行ってみては
如何でしょうか。

ドレスコードは無さそうですが
カジュアルすぎたら浮いてしまう印象でした。

予算は食事のみで一人2000RP前後かと思います。




パーンで締め。

100_1151.jpg



次回から南インド。

最初はコーチンからです!

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: 北インド

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/249-3a92fb7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。