07/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | 編集

PAGE TOP

グシュタバ/シュリナガル(SRINAGAR) 

南インドの前にシュリナガルに行ってましたw





デリーを後にして、ジャンムーカシュミール州の
シュリナガル(SRINAGAL)へ。




100_0561.jpg


経済的にローカルバスで...
後で激しく後悔。




100_0589.jpg


崖!



100_0597.jpg


崖!!




途中バスのタイヤがパンクしかけて
交換するのに1時間ほど停車しました…

こんな道を走行中にパンクしたら終わりだ。



結局デリーからは陸路で計24時間もかかりました。
また同じ道を戻るのかと思うと、
ローカルバスだけはもう...


乗り合いジープが出ているので絶対にそれが良いです。





シュリナガル到着。



こんなところです↓


100_0603.jpg




100_0902.jpg




100_0887.jpg






ここシュリナガル(SRINAGAL)の料理は
ワズワン(WAZWAN)料理と呼ばれ、
帝国時代にナワブ達の避暑地として発展、そのおかげで
宮廷料理ベースなのでノンヴェジが中心、
イスラム系の濃厚なものが多いです。


初っ端はしばらくご無沙汰のグシュタバから。







グシュタバ Gushtaba

100_0609.jpg



100_0612.jpg




ヨーグルトグレイビーに、マトンボールを入れたカレー。

日本では見かけない珍しいものですね。

このヨーグルトグレイビーは面白いです、
トマトを使わず、ボイルドオニオンペーストを少しだけ、
ヨーグルトをガラムマサラや
ジンジャーガーリック、塩などで味付けし、長いこと煮込んだもの。


パンジャーブ州のKADHIのグレイビーと近い感じです。

ほとんどのカレーに入っている
コリアンダー、クミンパウダーの代わりに、
フェンネルパウダーを
大量に入れるという独特さはなかなか個性的。



それどころかこの地域は
オニオングレイビー、マッカニー(バターチキン)グレイビーにも
フェンネルが大量に入るという驚愕の事実…笑







個人的に、ヨーグルトグレイビーの独特な酸味と
肉の旨みが合わさった味は最高です。

ただしクセはあるので万人受けはしないでしょう。





WAZWAN料理のノンヴェジカレーの
メジャーどころを整理すると、



グシュタバ(Gushtaba)=
マトン団子 + ヨーグルトグレイビー



リスタ (Rista) =
マトン団子 + オニオングレイビー




チキン、マトンヤクニー (Yakni) =
骨付き肉 + ヨーグルトグレイビー


ローガンジョシュ、ワズワンチキンカレー(Roganjosh, wazwan chicken) =
骨付き肉 + オニオングレイビー

となります。


オニオングレイビーはトマトは入りませんが
タンドーリチキンに使うようなカラーやカシュミールチリを大量に入れるおかげで
真っ赤な色になります。



仕上げに、
オニオングレイビーにはローガン(カシュミーリレッドチリをテンパリングしたもの)、
ヨーグルトグレイビーにはメティやドライミントをテンパリングしたものが
入ります。

ムスリムカレーらしく油がすさまじい多さなので
これだけは少し減らしたほうが…


尚、なぜかリスタよりもグシュタバの方の団子を大きく作ります。


理由はわかりませんが昔からそういう習慣だったのでしょう。


結婚式などのお祝い事には特に好んで食べられます。







テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カテゴリ: 北インド

comment (0) | trackback (0) | 編集

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://viridiancurry.blog73.fc2.com/tb.php/250-85ef677b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。